HOME>アーカイブ>介護器具は安全性と機能性の両方をイメージして購入することが大切ですが、価格もチェックしておくと便利
手すり

保険が適用できると楽になり負担が減る

自宅で親の介護などをしていると、トイレや入浴の際、つかまる手すりなどは必要になることもあります。介護の際はケアマネージャーに相談することが多いですが、家の構造なども相談することが可能です。相談した際に、手すりなどを付けて、安全を確保したほうが良い、と提示されたな場合は、リフォームする際に介護の際の保険が適用される場合も多いです。また、手すりの取り付けはさほど難しい種類の施術ではありませんから、数日もしくは一日で終了場合も多いため、介護される人が少しでも困っているようであれば、あまり悩まず取り付けた方が良い場合も多いです。保険を適用させる手続きは、市役所に尋ねるとわかりやすいですが、ケアマネージャーが代行してくれる場合もあります。高額介護保険などの制度もありますから、ネットで調べて使用できるか確認しておくと便利です。

使用目的に合わせて柔軟に変化させると便利

また、手すりの取り付けの際は、実際に使用したイメージを確認し、高さなどが身体のサイズにきっちりと合うように設置することが大切です。さらにベッドから絶対転落しないように、転落防止器具を取りつける場合は、引き抜いて外れないタイプものを選択したほうが賢明です。例えば認知症などの場合は、自分で起き上がって外出する場合もあり、器具を引き抜いてベッドから転落してしまうこともありますから、手すりにつかまった際に、絶対外れないようなタイプものを取り付けることが大切です。手すりの機能やデザインとしては、一度取り付けると後は壊さないと取り外せないタイプも良いですが、反対に上に引き上げると簡単に外すことができるものなども便利です。結局は、両方のすばらしさを併せ持つタイプで、手すりの着脱が可能で、しかもネジで固定出来て、付け外しが可能なものだと、より選択権が上がり、便利かもしれません。

広告募集中