HOME>記事一覧>最近では交換の際に様々な特徴があるものがあります

その種類を得意としている業者に依頼する

家庭内の至る所にあるスイッチですが、その中には色々な種類がある事をご存知でしょうか。種類が違えばスイッチ交換の方法も様々で、必ずその種類に応じた方法で交換しなければなりません。まずは、一般家庭や事業所等多くの所で使われる、壁に埋め込んで指で押すことでオンオフを行うタイプです。ブレーカーを落としカバーを外し、壁紙を一旦切ってスイッチを取り出す事により交換出来ます。電気工事を行っている業者であればほとんどの所で対応しています。また、スイッチの一部分が光り、暗闇の中でも位置が分かるホタルタイプも近年普及が進んでいるタイプです。このタイプは、光る部分の配線もあるので少々難易度が高いです。

それ以外にも種類は色々

さらに最近では、LED照明等に対応した調光器付きのスイッチもあります。これにはつまみ等も付いていて複雑な構造になっているものも少なくないため、依頼業者がこのタイプに対応しているかどうかきちんと調べておきましょう。その他、人を検知するセンサ付きのスイッチ交換には、センサの検査も必要な場合があります。

業者選びは何よりも大事

それぞれに全く違う特徴のあるスイッチ交換を依頼する際の、業者選びは非常に大事になります。最新鋭のスイッチに対応出来る技術はあるか、先述のようなセンサタイプのセンサの不具合にも対応出来るか等、様々な点からその業者を見る必要があります。

広告募集中